エンジンがかからない原付を売る

原付を高く売るためにやるべきこと

無料の一括見積もりを取る

原付を高く売るためには、できるだけ多くの業者の価格を比較することが重要です。
わずか数分の入力作業で、売却価格に数万円の差が生まれてくるからです。
有名どころが揃っていて、参加している業者が圧倒的に多いバイク比較.comがおすすめです。

エンジンがかからない原付は売れますか?

 

 

エンジンがかからない原付は売れますか?

 

エンジンがかからない原付でも
バイク買取業者は、買い取ってくれる可能性があります。

 

 

長い間乗ってなくて、
エンジンがかからなくなった原付でも
バイク買取業者は、買い取ってくれることがあります。

 

 

バイク大手買取業者は、
エンジンがかからない原付でも
お金に変えることができるからです。

 

 

  • 修理して売る
  • 分解して部品を修理に使う
  • 分解して部品を売る

 

 

このような使い道があるので安くても値がつくケースがあるんです。

 

 

動かなくなった原付を自分で廃棄処分しようとすると
「多くの手間」と「お金」がかかります。

 

 

具体的には、

 

1 ナンバープレートを取り外す
2 管轄の市区町村の役所に行く。
3 廃車申告書の記入
4 必要書類の提出
5 ナンバープレートの返納
6 廃車証を受け取る
7 自分で解体業者を探し、解体してもらう。

 

金額は、5000円〜7000円くらいを見ておきましょう。

 

 

 

それが面倒でそのままにしている人がいますが
置いておくだけでも場所を取ります。
廃車手続きをしてないと
軽自動車税などの維持費もかかります。

 

 

そんな時は、バイク買取業者に頼みましょう。

 

  • ネットで申し込むだけで引き取りに来てくれます。
  • 面倒な手続きも全てやってくれます。
  • もしかしたら値がつくかもしれません。

 

 

バイクの処分に困っている方は、これらを上手に活用しましょう。

 

 

ちなみに査定で
エンジンやフレームに問題がある場合は、
そこで大きく査定額を下げてしまいます。
通常の査定額の半分以下になると覚悟しておきましょう。

 

 

大型バイクならエンジンがかからなくても
高く買い取られるケースがあります。
例えば通常30万で買い取られるバイクがあるとします。
5年くらい放置していてエンジンがかからない状態でも
12万円くらいで買い取られた事例がいくつもあります。

 

 

しかし、長く乗っている原付の場合は、
通常の状態でも買取1〜3万円くらいです。
そこからエンジンがかからないので
更に半分以下となると買取るバイクショップは、
買い取って修理して売ってもほとんど利益がありません。
ですから結果的に
リユース料※を請求されるケースが多いです。

 

※リユース料とは
年式が著しく経過していたり、状態が悪く商品価値が低いバイクを再流通させるために必要な諸費用。

 

 

ただし、自分で廃車するより
費用が高くなることはないですし、
廃車手続きもやってくれるので
エンジンがかからない原付きを
バイク買取業者に任せるのは、メリットの方が大きいです。

 

 

また、年式が新しい原付きなどは、
安くても値がつくことがあるので
とりあえず、無料出張買取を申し込んでみましょう。

これをやると原付が高く売れる

無料の一括見積もりを依頼する



バイク比較.comを使えば、複数のバイク買取業者の査定額を比較して一番高い買取額を提示した業者に売ることができます。1社の買取業者だけに原付を売りに行くと多くの場合、安く買い叩かれます。そうならないために無料査定を一括で依頼し、査定額が一番高い買取業者に売りましょう。バイク比較.comは、過去の利用者数が42万人もいるバイク一括査定会社の中で一番人気のサイトです。