原付の買取上限金額の意味

原付を高く売るためにやるべきこと

無料の一括見積もりを取る

原付を高く売るためには、できるだけ多くの業者の価格を比較することが重要です。
わずか数分の入力作業で、売却価格に数万円の差が生まれてくるからです。
有名どころが揃っていて、参加している業者が圧倒的に多いバイク比較.comがおすすめです。

原付の買取上限金額の意味を理解する

 

 

バイクの見積もりを依頼すると
このバイクの相場上限金額は、○万円
というように表示されます。

 

 

 

 

 

「ネットでの査定」や「オペレーターを通した査定」では
自社のデータベースから、上限金額を読み込んでいます。

 

 

では、この「上限金額」ってなんのことでしょう?

 

 

上限金額は、「車種と年式」で決められたもので、
「同じモデル・同じ年式で、なおかつ外装に全くキズがなく、
マシン面でも全く問題がない場合」を想定した金額です.。

 

 

簡単に言うと、
「新品に近い状態のバイク」の買取金額のことを指していて

 

 

この上限金額には、
あなたのバイクの状態は、まったく反映されていません

 

 

つまり、バイクの査定をした後、
この上限金額から傷があるから「マイナス5000円」
といった感じでどんどん引かれていきます。

 

 

この上限金額のせいで
最初に聞いた価格と査定後の価格がまったく違う」と
いきなりがっかりされる方がいるようなのでしっかり理解しておきましょう。

 

 

原付の場合は、
「元値が低いこと」や「修理が比較的簡単」という理由で
中型・大型バイクに比べて減額は、少ない傾向にあります。

 

 

ただし、上限金額は、最高の状態を意味しているので
かなり乗っている原付は、
上限金額の2分の1〜3分の1くらいになる覚悟は、しておいたほうがいいです。

 

 

ちなみになんでこの上限金額をお客様に伝えているかというと

 

 

車種、年式が同じバイクであっても
状態によって価格幅がかなりあるので

 

 

買取金額が伝えにくいという理由」と
お客様に呼んでもらいやすいという理由」があるそうです。

 

 

まとめ
  • 上限価格は、年式と車種が同じでほぼ新品に近い状態の価格。
  • 上限価格にバイクの状態(傷、凹み、サビ)は、全く反映されていない。
  • それなりに乗ってる原付の査定額は、上限金額の2分の1から3分の1
  • 上限価格は、あまり参考にならない。

これをやると原付が高く売れる

無料の一括見積もりを依頼する



バイク比較.comを使えば、複数のバイク買取業者の査定額を比較して一番高い買取額を提示した業者に売ることができます。1社の買取業者だけに原付を売りに行くと多くの場合、安く買い叩かれます。そうならないために無料査定を一括で依頼し、査定額が一番高い買取業者に売りましょう。バイク比較.comは、過去の利用者数が42万人もいるバイク一括査定会社の中で一番人気のサイトです。