ヤマハ アクシス トリートのタイヤの口コミ

原付を高く売るためにやるべきこと

無料の一括見積もりを取る

原付を高く売るためには、できるだけ多くの業者の価格を比較することが重要です。
わずか数分の入力作業で、売却価格に数万円の差が生まれてくるからです。
有名どころが揃っていて、参加している業者が圧倒的に多いバイク比較.comがおすすめです。

ヤマハ アクシス トリートのタイヤの口コミ

 

8500km位走って、後タイヤ調べたらツルツルになってた。

 

取扱説明書に製品仕様8-2にタイヤはCHENG SHINと書かれてるから、わざわざ指定してくる人もいるらしい。国産のタイヤ買わずにわざわざ純正装着品を選択するとは、物好きな人もいるね。

 

 

チェンシンは、晴れた日に真っ直ぐ走るには問題無い。でも雨の日は二度と乗りたくない。

 

チェンシンのタイヤはちょっと硬い印象で、ズルっと滑る時がある。その分減りにくいから気をつけて乗れば経済的なんだけどな。

 

 

俺はいつも直線ばかりなんでチェンシン好きだよ。

 

純正タイヤの寿命がきたのでD307に替えてみた。何でもっと早く変えなかったのかってくらい快適になったよ!自分で交換するなら5000円程しかかからないからおすすめ!

 

MB520からD307に替えたけどMB520がどれだけ優秀か再確認できた。

 

 

IRCタイヤは、雨の時は純正より信用できる。交換してから3000kmだけど少し純正より早く減ってる気がする。

 

 

純正のチェンシンは、減らなさ過ぎ。自分の6000kmのフロントタイヤと友達の15000kmのフロントタイヤで1mmしか差が無かった。

 

 

MB520は、D307と比較するとタイヤ自体がしっかりしてる感じ。雨の日に走って見たけどD307より曲がる止まるがしっかりしてる

 

 

トリートに履かせてるD307リアは、5800kmでスリップサインが出ました。

 

フロントタイヤは15000km超でもまだいけそうだったがリアタイヤを変える時にに同時に変えたm
ミシュランにしたけどやっぱり乗り心地は、良くなるね。

 

D306は7000kmでスリップサイン。MB520は6500kmでスリップサインまであと3mm位。雨が降ってる時は断然MB520。

 

トリートを買って通勤に使用しています。燃費を気にしつつマイルドな運転をしています。
タイヤは、2回換えましたがいずれも5000-6000kmでツルツルです。今回初めてサイズを変えて100/90−10 IRC MB520にしました。純正(慣らし終えて交換) →HOOP(7000km) →D306(6000km) →MB520(現在8000km) 。MB520が一番良いと思います。

 

街乗りメインでMB520だけど、5000km持ちそうにない。純正は7500kmで交換。2つともリアタイヤ。

 

リアタイヤを交換して11000円だった。内訳は、タイヤ代9000円、工賃2000円。アマゾンでIRCのタイヤは、3079円で売ってた。これを買って店に持ち込んで、2000円で付けてって言ったら絶対嫌がられそう。

 

 

ノーマルタイヤをメーターで9500kmまで乗ってきたけどとうとう限界になった。

 

 

梅雨のシーズンで危ないと思ったから8000km弱で替えた。

 

7000kmですでに溝が無かった。大抵は5000〜6000km位で溝が無くなることが多い。ど田舎じゃないと10000kmとか無理。

 

バイク屋のおじさんがノーマルのトリートでも8000kmも走ればツルツルになるのが普通って言ってた。ツルツルの状態でも走れるけど貧乏人が交換するのをケチってるだけでタイヤは、限界きてるから危険だよ。

 

 

IRCのタイヤにしたら雨の日に走りやすくなったよ。

 

 

MB520愛用してるけど安いし雨が降っても安心だから良いタイヤだよ。

 

 

IRC(アイアールシー)井上ゴムバイクタイヤ スクーター用 MB520 フロント/リア共用 3.50-10 51J TL

これをやると原付が高く売れる

無料の一括見積もりを依頼する



バイク比較.comを使えば、複数のバイク買取業者の査定額を比較して一番高い買取額を提示した業者に売ることができます。1社の買取業者だけに原付を売りに行くと多くの場合、安く買い叩かれます。そうならないために無料査定を一括で依頼し、査定額が一番高い買取業者に売りましょう。バイク比較.comは、過去の利用者数が42万人もいるバイク一括査定会社の中で一番人気のサイトです。