原付を売るための必要書類

原付を高く売るためにやるべきこと

無料の一括見積もりを取る

原付を高く売るためには、できるだけ多くの業者の価格を比較することが重要です。
わずか数分の入力作業で、売却価格に数万円の差が生まれてくるからです。
有名どころが揃っていて、参加している業者が圧倒的に多いバイク比較.comがおすすめです。

原付を売る際に必要な書類

 

 

原付を売る際に必要なもの
  • 標識交付証明書
  • 自賠責保険証
  • 身分証(運転免許証、保険証、パスポートなど)
  • 印鑑

 

 

 

 

原付を個人売買で売る場合、
廃車手続きをしないと名義変更が出来ないことになっています。
売る前に必ず廃車手続きをしておきましょう。

 

 

買取業者に売る場合は、
ほとんどの手続きを無料でやってもらえるので
廃車手続きは、必要ありません。

 

 

標識交付証明書を無くしてしまった場合は、
管轄の市区町村で再発行してもらえます。

 

 

詳しくは、こちらのページで説明しています。

 

 

また、自賠責保険証が切れていても問題ありません。

 

 

 

 

下記は、主なバイク買取業者のサイトに記載されてる
「原付バイクの売却」に必要なものです。

 

 

バイク王

■125cc以下
・標識交付書
・自賠責保険証
・印鑑
・身分証明書 ※写真入住基カード(写真入に限る)/運転免許証/保険証/パスポートのいずれか

 

 

 

 

バイクランド


■125cc以下
 ・本人確認ができる身分証明書 免許証・健康保険書・パスポートなど
 ・標識交付証明書
 ・自賠責保険証明書(無い場合もOK)
・ノーマルパーツ、取扱説明書等、バイクに付属するもの全て

 

 

 

バイクブーン

■125CC以下
標識交付証(または廃車証)及び身分証明書(免許証など)とご印鑑をご用意下さい。

 

ローンの残債がある場合
所有権付きのオートバイでローンの残債がある場合は
ローン会社の返済予定表など残債額のわかるものをご準備下さい。

これをやると原付が高く売れる

無料の一括見積もりを依頼する



バイク比較.comを使えば、複数のバイク買取業者の査定額を比較して一番高い買取額を提示した業者に売ることができます。1社の買取業者だけに原付を売りに行くと多くの場合、安く買い叩かれます。そうならないために無料査定を一括で依頼し、査定額が一番高い買取業者に売りましょう。バイク比較.comは、過去の利用者数が42万人もいるバイク一括査定会社の中で一番人気のサイトです。