原付の税金に関する質問

原付を高く売るためにやるべきこと

無料の一括見積もりを取る

原付を高く売るためには、できるだけ多くの業者の価格を比較することが重要です。
わずか数分の入力作業で、売却価格に数万円の差が生まれてくるからです。
有名どころが揃っていて、参加している業者が圧倒的に多いバイク比較.comがおすすめです。

原付の税金に関する質問

 

 

原付にかかる税金って

どんなものがありますか?

125cc以下の
原付にかかる税金は、軽自動車税のみです。
軽自動車税は毎年4月1日現在に、

 

 

原動機付自転車
軽自動車
小型特殊自動車
二輪の小型自動車

 

 

等を所有している人に課税される税金です。
納める税額は、1年で下記の金額になっています。

 

 

原動機付自転車:第一種(50ccまで) 1,000円
原動機付自転車:第二種(90ccまで) 1,200円
原動機付自転車:第二種(125ccまで) 1,600円
原動機付自転車:ミニカー 2,500円

 

 

※2016年から下記の金額に値上げされる予定です。
原動機付自転車:第一種(50ccまで) 2,000円
原動機付自転車:第二種(90ccまで) 2,000円
原動機付自転車:第二種(125ccまで) 2,400円
原動機付自転車:ミニカー 3,700円

 

 

 

 

原付を持っていないのに納税通知書がきました

どうすればいいですか?

原付にかかる軽自動車税は、毎年4月1日現在に
原付バイクの所有者に対してかかる税金です。
4月1日時点で所有者であったなら、
次の日に誰かに譲渡しても
その年の軽自動車税を納めなければいけません。

 

 

例えば4月2日に廃車の手続きをしても
4月1日の時点では、所有者になるので
その年の全額の税金を支払わなければいけません。

 

 

逆に誰かから譲ってもらった場合
4月2日に新規登録したのであれば、
その年の税金を払わなくてよいです。

 

 

もし3月31日以前に廃車や名義変更を済ませて
所有者でなくなっているのに
納税通知書が届いた場合は、
入れ違いで届いているケースがあるので
納税通知書に記載された電話番号に
問い合わせてみましょう。

 

 

またヤフオクなどで誰かに売って
そのまま原付を渡した場合ですと
その落札者が廃車や名義変更の手続きを
していない可能性があります。

 

 

落札者に連絡をして
名義変更がされているか確認しましょう。

 

 

 

 

もう原付に乗っていないのですが

それでも税金は、かかりますか?

使用していなくても
廃車手続きをしない限り
税金は、かかり続けます。
課税された税金は、溜まっていきますし、
地域によって延滞税がかかります。

 

 

ちなみに延滞税の額が1000円以上にならないと
払わなくて良いみたいなので
1年分(1000円)だけ延滞している場合は、
6年くらいなら延滞料がつかないみたいです。
どっちにしても払わなければいけないので
速く払ってしまいましょう。

 

 

 

 

6月に原付を廃車しました。

5月に1年分の軽自動車税をを収めたばかりですが
残りの分が月割で戻ってこないのですか?

自動車税では、月割で還付されますが
軽自動車税の還付はないので戻ってきません。

 

 

もし次のその原付に乗る人がいれば
その人がその年の軽自動車税を払わなくて良いことになります。

これをやると原付が高く売れる

無料の一括見積もりを依頼する



バイク比較.comを使えば、複数のバイク買取業者の査定額を比較して一番高い買取額を提示した業者に売ることができます。1社の買取業者だけに原付を売りに行くと多くの場合、安く買い叩かれます。そうならないために無料査定を一括で依頼し、査定額が一番高い買取業者に売りましょう。バイク比較.comは、過去の利用者数が42万人もいるバイク一括査定会社の中で一番人気のサイトです。