原付を売る時、標識交付証明書を紛失

原付を高く売るためにやるべきこと

無料の一括見積もりを取る

原付を高く売るためには、できるだけ多くの業者の価格を比較することが重要です。
わずか数分の入力作業で、売却価格に数万円の差が生まれてくるからです。
有名どころが揃っていて、参加している業者が圧倒的に多いバイク比較.comがおすすめです。

原付を売る時、標識交付証明書を紛失した場合どうすればいいですか?

 

 

原付を売りたいのですが、

標識交付証明書を紛失してしまいました。

 

どうすればいいですか?

 


原付売る場合、必ず「標識交付証明書」が必要です。


原付を登録した市区町村の役所で再発行手続きを行いましょう。

 

 

原付売る場合、
「個人で売る場合」でも「買取業者に売る場合」でも
必ず「標識交付証明書」が必要になります。

 

 

 

理由は、名義変更をするために廃車手続きをしますが
その時に必要な書類です。

 

 

 

標識交付証明書とは、

 

 

 

ナンバープレートの交付を受けた原動機付自転車の使用者に対して、
使用者住所を管轄する市区町村長が交付する書面です。

 

 

標識交付証明書は自動車検査証などと同様に
ナンバープレートと一対となる書類です。

 

 

標識交付証明書には、
下記の情報が記載されています。

 

  • 所有者の住所
  • 氏名
  • 車名
  • 車台番号
  • 標識番号
  • 型式
  • 排気量

 

自賠責保険に加入する時や
譲渡する時に必要となります。

 

 

標識交付証明書と
原動機付自転車申告済証は、同じものです。
市町村によって呼び方が違います。

 

 

標識交付証明書が紛失した場合

 

 

原付を登録した市区町村の役所で再発行手続きを行います。

 

 

■再発行手続きに必要なもの

 

  • 印鑑
  • 身分証明書(運転免許証、保険証など)
  • 委任状(本人以外が手続きする場合)

 

 

請書を記入し、必要書類を窓口に提出します。
10分程度で標識交付証明書を受け取ることができます。

 

 

標識交付証明書の再発行にかかる手数料は無料です。

これをやると原付が高く売れる

無料の一括見積もりを依頼する



バイク比較.comを使えば、複数のバイク買取業者の査定額を比較して一番高い買取額を提示した業者に売ることができます。1社の買取業者だけに原付を売りに行くと多くの場合、安く買い叩かれます。そうならないために無料査定を一括で依頼し、査定額が一番高い買取業者に売りましょう。バイク比較.comは、過去の利用者数が42万人もいるバイク一括査定会社の中で一番人気のサイトです。