原付売る

原付を高く売るためにやるべきこと

無料の一括見積もりを取る

原付を高く売るためには、できるだけ多くの業者の価格を比較することが重要です。
わずか数分の入力作業で、売却価格に数万円の差が生まれてくるからです。
有名どころが揃っていて、参加している業者が圧倒的に多いバイク比較.comがおすすめです。

原付を高く売るために

 

 

原付を高く売りたい人へ

 

 

原付を売ろうとしてる人は、
当然高く買取ってもらいたいと思っているはずです。

 

 

原付を売る方法としては大きき分けると、
原付の買い取り業者に売るか
ヤフオクなどの個人売買で売るかです。

 

 

多くの人が最初に考えるのは、
ヤフオクなどのオークションで売れば
高く売れるのではないか?
ということです。

 

 

しかし、調べれば調べるほど
それは、やめておいたほうが良いという結論になります。

 

 

私がオークションは、やめた方がいいと
思った理由は主に3つです。

 

  1. たいして高く売れない
  2. やることが多すぎて面倒くさい
  3. トラブルが多すぎる

 

 

たいして高く売れない

たいして高く売れない理由は、
まず、出品手数料と送料が高いです。
ヤフオクでバイク本体を売るのにかかる手数料は、
合計で大体6500円です。
送料が一番安いバイク輸送会社を使っても
東京→大阪で約2万円かかります。

 

 

元々販売価格が安く、それなりに乗った原付なら
落札価格は、大した金額になりませんが
そこに26500円も別途費用がかかるわけです。
もちろん落札者負担にすればいいですが
それだけ落札価格が上乗せされて入札が入りにくくなります。

 

 

やることが多すぎて面倒くさい

まず出品ページの作成です。バイクの隅々までチェックして
写真を撮ったり、状態を記載したりしなければいけません。
何か見逃して原付を送った後に落札者が気づくと
修理代を請求されることがあります。

 

出品ページを作ったら、
今度は、入札するか迷ってる人からの質問攻めです。
また、現車確認をしたいという人もいるので
実際に会う必要があります。

 

落札されたら廃車の手続きや
バイクの輸送もやる必要があります。

 

 

トラブルが多すぎる

私が一番嫌だったのがこれです。
過去のトラブル事例を見てると
常識が通用しない落札者が多すぎます。

 

 

ノークレームノーリターンと記載していても
「返品したい、修理費をよこせ、家まで行くぞ、訴えるぞ、」
と言ってくる人が結構います。

 

 

原付を落札者に渡すと
それをバイク屋に持って行って点検してもらう人がいます。
そして何かパーツが傷んでると修理費を請求してくるのです。

 

 

このような落札者にあたる可能性は、十分あります。
たいして高く売れないのに手間がかかり、リスクもある。
これが原付を個人売買で売らない方がいいと思った理由です。

 

 

オークションがダメなら
原付を買い取ってくれる業者に売ることになります。
業者の場合は、無料出張買取をやっているので
ネットで申しこめば、家まで来て査定をしてくれます。

 

 

断ってもお金は、かかりませんし、
そこで原付きを売れば
すぐ持って帰ってもらえますし、
名義変更などの手続きも全部やってもらえます。

 

 

バイク買取業者に売った人の口コミを見てると
注意することは、1つです。

 

 

それは、価格交渉するということです。

 

 

当たり前ですが原付の買い取り業者は、安く仕入れたいので
査定した後に相場より低い買取額を言ってきます。

 

 

口コミを見ていて失敗してる人は、
その低い買取額でそのまま売ってる人です。

 

 

高く売れたという口コミでは、
殆どの人がしっかり価格交渉して
最初の査定額よりアップしてから売ってます。

 

 

ですから原付きを高く売りたいなら
がんばって交渉しましょう。


これをやると原付が高く売れる

無料の一括見積もりを取る


バイク比較.com
原付を売る時に相場を知らずに売りに行くと安く買い叩かれることがあります。
そうならないために一括見積りでまとめて査定を依頼して、査定額が高い買取業者に売りましょう。一括見積もりならバイク比較.comがおすすめです。

バイク王で無料出張買取を利用する


バイク王
何社も査定してもらう時間が無い場合は、バイク王に無料出張査定を依頼してみましょう。また、人気車種でなく、年式が古いバイクは、どこに査定しても似たような買取価格になります。一括見積もりの場合は、何社も査定してもらうので電話対応やスケジュール調整が大変です。